コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
香春町役場
  • Foreign language

トップページ > 町の紹介・観光・移住 > 香春町について > 香春町のシンボル

香春町のシンボル

更新日:2018年1月9日

香春岳

香春岳

香春岳三山は、「風土記」にも特異な山容によって知られ、古代にあっては、朝鮮半島の文化が伝えられ、中世・近世においては、田川の文化、政治の中心であったことをうかがわせています。

現在は、石灰岩の山として、一の岳中腹付近まで採掘が進んでいます。

また、野生の日本猿が生息していることでも有名です。

合併30周年(昭和62年)に公募を行い、花は「梅」、木は「いちょう」、鳥は「うぐいす」に決定しました。

また、町のシンボルカラーは平成9年に「みどり」と決定しています。

町の花(梅)

町の花「梅」

伝教大師最澄ゆかりの「神宮院」には約1000本の梅があります。

「神宮院」とは
天台宗の開祖、最澄(伝教大師)は、唐へ渡る際、香春の神に航海の無事を祈りました。帰国後、渡航の無事と天台宗開創のお礼のため香春を訪れた最澄は、法華八講の法会を行い、寺院を建立。「賀春山神宮院」と名づけました。


町の木(いちょう)

町の木「いちょう」

「神宮院」には樹齢800年の大銀杏があり、その名の通り樹の高さが約40メートルと巨大なものです。


町の鳥(うぐいす)

町の鳥「うぐいす」

香春町に春の訪れを知らせる梅の花。その枝の上でうぐいすが鳴いています。


町の色(みどり)

町の色「みどり」

香春町は豊かな自然と歴史・文化資源を活用したみどり豊かな町の景観整備を行なっています。


お問い合わせ

まちづくり課 政策推進係
窓口の場所:本庁舎2階 10番
電話番号:0947-32-8408
ファクス番号:0947-32-4815

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は行いません。 また、このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。