コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
香春町役場
  • Foreign language

トップページ > 健康・福祉・シニア > 国民年金・保険 > 国民健康保険 > 70歳以上被保険者の医療

70歳以上被保険者の医療

更新日:2017年11月13日

70歳になると医療機関での自己負担割合や自己負担限度額が変わります。75歳になるまでは「高齢受給者証(白色)」が交付され、保険証と併せて医療を受けます。
(75歳になると、国保から後期高齢者医療制度へ移行し医療を受けることになります。)

【お知らせ】平成26年4月より窓口負担割合が変更されました。

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えている方

平成26年4月以降も医療医の窓口負担は1割のまま変わりません。

  • 対象者:誕生日が昭和19年4月1日以前の方
  • 注意点:高齢受給者証(白色)中の一部負担の割合欄に「2割(特例措置により1割)」と記載されています。

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方

70歳の誕生日の翌月から医療費の窓口負担が2割になります。

  • 対象者:誕生日が昭和19年4月2日以後の方
  • 注意点:高齢受給者証(白色)中の一部負担の割合欄に「2割」と記載されています。

お問い合わせ

保険健康課 国保年金係
窓口の場所:本庁舎1階 6番
電話番号:0947-32-8401
ファクス番号:0947-32-4815

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は行いません。 また、このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。