コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
香春町役場
  • Foreign language

トップページ > 子育て・教育・スポーツ > 文化財 > 香春町ゆかりの人物が大河ドラマに登場

香春町ゆかりの人物が大河ドラマに登場

更新日:2019年3月8日

内田定槌(うちださだつち)

現在、放送されている大河ドラマ『いだてん』に香春町採銅所にゆかりのある人物、内田定槌氏が登場します。
内田定槌氏は、豊前国小倉に生まれ、幕末の長州戦争の戦火を逃れて、採銅所に住むようになりました。東京帝国大学を卒業後、外交官として活躍し、ポーツマス講和会議やブラジル移民などにかかわりました。また、スウェーデン公使時代に、ストックホルム・オリンピックが開催された際には、日本の選手団をサポートしました。

略歴

豊前国小倉出身
東京帝国大学卒業、外務省に入省
1890年(明治23年)上海副領事
1893年(明治26年)ソウル領事
1896年(明治29年)ニューヨーク領事
1902年(明治35年)ニューヨーク総領事を務め、ポーツマス条約締結の際には、小村寿太郎全権大使の支援をした
1906年(明治39年)ブラジル・リオデジャネイロ弁理公使(兼アルゼンチン)、明治40年より特命全権公使
1912年(明治45年)スウェーデン・ストックホルム特命全権公使(兼デンマーク、ノルウェー)
1921年(大正10年)トルコ・コンスタンチノブール特命全権大使
1924年(大正13年)退官

お問い合わせ

教育課 社会教育係
窓口の場所:町民センター 1階
電話番号:0947-32-8410
ファクス番号:0947-32-2513

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は行いません。 また、このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。