コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
香春町役場
  • Foreign language

トップページ > 子育て・教育・スポーツ > 学校教育 > 学校再編事業 > 香春町立小中学校再編推進審議会の設置及び答申内容

香春町立小中学校再編推進審議会の設置及び答申内容

更新日:2021年5月6日

再編推進審議会の設置及び答申について

香春町には、令和3年3月まで町立4小学校(香春、勾金、中津原、採銅所)及び2中学校(香春、勾金)が設置されていました。それぞれに歴史と伝統があり、保護者や地域住民の理解や協力のもと、特色ある教育活動を実践してきました。全国的に少子高齢化が進む中、本町においても児童生徒数の減少は著しく、複式学級化の到来、学校施設の老朽化など、子どもたちにとって最良の教育環境とは言えない状況が課題となっていました。

これらの課題を解消するため、香春町教育委員会では、平成26年12月の第4次香春町行政改革大綱などを受け、教育上の観点から、4小学校、2中学校を統合し、このたび、令和3年4月に9年制の施設一体型の義務教育学校である「香春町立香春思永館(かわらしえいかん)」を開校しました。

学校再編を進めていくにあたり、必要な事項を審議・検討するために、平成27年6月に香春町立小中学校再編推進審議会が設置されました。3つの専門部会 [ 施設整備部会、通学・学校運営支援部会、教育課程部会 ] で話し合った内容を本審議会に提案し、本審議会において協議を行い、現在までに4つの答申がなされ、開校に向けた準備を進めてまいりました。

ここに答申内容について報告するものです。

審議会から4回に渡って答申が提出されました。

1 第一次中間答申(平成27年11月24日)
9年間を通した教育を行い、施設一体型の学校にすること、現在の勾金中学校地を建設候補地とすること、スクールバスを基本とした通学方法とすることが提案されました。

2 第二次中間答申(平成28年12月19日)
義務教育学校制度を導入すること、学年段階の区切りは開校時には6-3制とし、開校後、弾力的に検討していくことが提案されました。

3 第三次中間答申(平成30年12月10日)
候補校名6点及び制服・通学用カバンについて提案されました。

4 最終答申(令和3年3月)
開校後、1町民との協働での学校経営(コミュニティスクール)及び進捗点検によるより良い学校づくり、2通学対策の進捗点検による、より良い通学環境整備について提案を受けました。
AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育課 学校再編準備室庶務係
窓口の場所:町民センター 1階
電話番号:0947-32-8409
ファクス番号:0947-32-2513

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は行いません。 また、このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。